新型天然ガスであるシェールガス

新型天然ガスであるシェールガスが新しいエネルギー源として期待されています。
そして、現実にシェールガスが石油に取って代わろうとしているのです。


これをシェールガス革命と言うそうです。



シェールガスは、北米大陸の地下に大量に埋蔵されているのですが、今までは、このシェールガスを取り出す技術がなかったために、シェールガスはエネルギーとして活用されていませんでした。

シェールガスの特徴としては、石油以上に埋蔵量があるらしく、新たに開発された技術を使って取り出すことで、コストが石油よりも安く済むのです。

ですから、今までエネルギー源を石油に頼っていた国々は、安価なシェールガスを使うようになるのです。



そして、北米大陸を中心に、シェールガス革命で新しい雇用がどんどん生まれるのです。


それだけではありません。実は、シェールガスを取り出す技術を持っているのが我が国の企業なのです。
ですから、シェールガス革命が起これば、我が国の多くの企業も活気づき、多くの雇用が生まれるはずです。

シェールガス革命によって、産業も大きく変化すると言われていて、今後はシェールガスから安価なプラスティックが作られるようになり、また、航空運賃が安くなって航空機を使った移動も、今まで以上に増えることが予想されています。


これはほんの一例ですが、各業種がシェールガスの恩恵を被れば、ますます雇用は増えていくことでしょう。今はまだ、雇用が少ないために、就職難の時代が続いていますが、後数年もすると、雇用が爆発的に増えて、就職希望者の売り手市場になるかも知れません。



シェールガスが、本格的に供給できるようになれば、原子力エネルギーも必要無くなる可能性があります。
そして、安価なシェールガスで電力を作るようになれば、電気料金も安くなりますし、オール電化にする家庭もますます増えるのではないでしょうか。

シェールガス革命が起これば、紛争が絶えない地域から石油を輸送する必要がなくなります。

そして、エネルギー源が安定的に確保され、さらには雇用が増えるのですから、我が国にとってはとても良いことばかりだと思います。


添乗員の派遣の情報なら当サイトにお任せ下さい。

算数教師の募集の情報が欲しい方必見です。

保育士の派遣に関連した書きかけ項目です。